新座市、西東京市、東久留米市の不動産情報が満載!
スタッフが丁寧にお客様のご要望にあった不動産をお探しします。

スタッフBLOG | 半僧坊大祭が開催されます

2018.04.12  半僧坊大祭が開催されます

マイタウン西武スタッフブログをご覧の皆様
こんにちは。

マイタウン西武営業主任の千葉 智昭(ちば ともあき)です

今回の私のブログは 、
我がマイタウン西武がある新座市のイベントをご紹介したいと思います。


毎年4月17日に行われる半僧坊大祭(はんそうぼうたいさい)が、
今年も開催されます。

30.4.9blog1.jpg
 

半僧坊とは、天狗(てんぐ)の姿に似た山の鎮守(ちんじゅ)で、
衆生(しゅじょう)の諸願を叶える大権現(だいごんげん)です。
半僧坊の起源である浜松の方広寺、鎌倉建長寺、平林寺が
全国三大半僧坊とされています。

通年閉門の半僧門は、大祭当日に限って開放され、
半僧坊感応殿(かんのうでん)へ自由に参拝することができます。

総門前の通りにはたくさんの露店と植木市が出店。
平林寺の祭礼行列「お練り」
新座市産業観光協会主催の「伊豆殿行列」
大祭に華を添えます。
 

30.4.9blog2.jpg


半僧坊とは、山(森)を護る鎮守、
かつ衆生(しゅじょう)にご利益を施す大権現の名で、
起源は深奥山方広寺(浜松)の奥山半僧坊大権現です。

全国で30ヶ寺ほど祀られるうち、平林寺の半僧坊は、
鎌倉建長寺とならぶ三大半僧坊のひとつとされています。
 

祭り デコメ絵文字新座の春の大祭祭り デコメ絵文字
平林寺の半僧坊大祭は、毎年4月17日に催されます。

平林寺半僧門はこの日に限って終日開門され、
門前の大通りには朝から200軒もの露店や植木市が立ち、
毎年多くの人で賑わいます。

大祭に合わせて、新座市と地元大学生らの協力により、
江戸期の幕府老中で、新座地域を発展に導いた
川越藩主松平伊豆守信綱を讃える
「伊豆殿行列(いずどのぎょうれつ)」も行われます。
 

祭り デコメ絵文字お練りと大般若祈祷祭り デコメ絵文字
平林寺の祭礼行列「お練り(おねり)」は、
お稚児さん、雅楽隊、僧侶ら100名ほどで編成されます。
お練りは本堂を出発し、半僧門を通って半僧坊感応殿へと向かいます。
感応殿では僧侶による大般若祈祷の法要が行われ、
大祭が締めくくられます。


30.4.9blog3.jpg



祭り デコメ絵文字半僧坊大祭の予定祭り デコメ絵文字
9時 平林寺開門 通常通り
10時 露店、植木市開店 平林寺大門通りにて
12時 伊豆殿行列 新座市役所から平林寺本堂を往復(※)
14時 お練り 平林寺本堂から半僧門を経て
半僧坊感応殿を往復(※)
大般若祈祷 半僧坊感応殿にて(※)
15時 大祭満散  
16時 平林寺閉門 通常通り
(※)平林寺本堂、および半僧坊感応殿には入れません

お問い合わせ
新座市産業観光協会
048(477)1449
9:00~17:00(毎週水曜、及び年末年始休)
 
年に一度のイベントとなりますので、
ご興味がございましたら一度足を運んでみては如何でしょうか。



当社では、不動産のご売却も全力でサポートをさせて頂いております。

西東京市・新座市、ひばりヶ丘周辺のご売却
地域密着の当社にお任せください!


地元に特化した営業活動を行っておりますので地域の情報はもちろん、
住み心地なども考慮し査定いたします。
 
又、当社には不動産購入のお手伝いをさせて頂いているお客様が
沢山おりますので、
【売却】→【販売】まで早期にサポートいたします。

(HOME’S PRESS調べ)
不動産の売却に際し、不動産会社と媒介契約を結んだ理由は?

1位 地元の不動産事情に詳しかったから    30.0%
2位 担当者の対応が良かったから        28.8%
3位 知っている会社だったから         25.4%
4位 知名度のある会社だったから       17.9%
4位 対応、返答が早かったから         17.9%
6位 査定価格が高かった、適切だったから  14.6%
7位 会社の規模が大きかったから       12.9%
8位 その他                                                      7.5%

不動産会社を選ぶ理由は様々ですが、お客様は不安がいっぱいです。
だからこそ「地元の不動産事業に詳しかったから」
「担当者の対応が良かったから」など、
信頼と安心を得られる不動産会社を選んでいるのでしょう。

 売却 図_R.jpg
ご相談はこちら
https://www.mytown-seibu.com/morefast/

メールの方は・・・info@mytown-seibu.com

お電話の方は・・・0120-612-622
LINEで送る
投稿者  (13:58) | PermaLink
コメントを投稿する

いままで、ここでコメントしたことがないときは、コメントを表示する前にこのブログのオーナーの承認が必要になることがあります。承認されるまではコメントは表示されません。そのときはしばらく待ってください。

TrackbackURL :