プロが教えるマイホーム購入&売却のためのノウハウまとめ【土地・不動産編】 > 分譲・仲介の違いを知ってスムーズな不動産購入を目指そう!

分譲・仲介の違いを知ってスムーズな不動産購入を目指そう!

分譲・仲介の違いを知ってスムーズな不動産購入を目指そう!
いざ不動産購入を決心したら、どういう流れで購入まで進んでいくのか、気になるところですよね。実は、分譲物件購入と仲介物件購入で流れが少し違います。それぞれを比較しながら、夢のマイホーム入居までの道のりをおさらいしていきましょう。
 
 

【今さら聞けない分譲物件と仲介物件の違い】

 
不動産広告や雑誌を見ると、「分譲地」「分譲マンション」「仲介物件」など、分譲と仲介という言葉をよく目にすると思います。不動産は分譲物件・仲介物件の2つの形態で販売されています。どのような違いがあるのか、それぞれ紹介していきたいと思います。
 

<分譲物件>

不動産会社が、自ら売り主としてマンションや一戸建て・土地などを販売している物件です。売り主から販売代理を受託し、窓口となっている場合もあります。新築一戸単位でなく、新築マンション一棟全体や販売戸数の多い建売住宅・土地の区画全体を販売するのが一般的。売り主と直接交渉しながら購入手続きができるのが特徴です。
 

<仲介物件>

不動産会社が売り主と買い主に立ち、仲介販売されている物件です。売り主と直接やり取りすることはなく、仲介となっている不動産会社とやり取りをおこないます。新築一戸建てや中古物件が仲介物件に該当することが一般的。一戸単位での新築マンションや土地が該当する場合もあります。取引が成立した際に、不動産会社への仲介手数料が発生することが多いので、費用面などが気になる方は、事前に確認しておいたほうがよいでしょう。
 
 

【不動産購入の流れをおさらい ~分譲マンション・一戸建て・土地~】

 
分譲物件の場合は、物件ありきで話が進むことがほとんどです。そのため、まずは自分で希望に合う物件を探し、その物件を取り扱っている不動産会社に話を聞きに行くということが一般的な流れとなっています。
 

1. 希望条件をまとめる

いつまでに引越したいか、どの地域に住みたいか、どんな間取りがいいか、駅からのアクセスなど、希望条件を整理しておきます。
 

2. おおよその予算を確定する

家庭の預貯金額や住宅ローンの試算結果、希望するエリア・住宅サイズの相場などを加味し、おおよその予算だてをしましょう。
 

3. 自分で物件を探す

広告やチラシなどチェックして、いかに希望・予算に近い物件を見つけ出すかが分譲物件では一番のポイントとなります。
 

4. 現地見学に行く

気に入った物件を実際に見に行き、物件の間取り・設備・購入条件や周辺環境をチェックしていきます。
 

5. 売り主である不動産会社と交渉する

<マンション>

壁紙の色を決めたり、早い段階であれば間取りの変更を依頼したりすることもできます。完成日が決まっているため、早めの入居希望が出せない点がデメリットです。
 

<一戸建て>

建売住宅の場合は、現地で見た通りの間取り・設備のまま入居ということが一般的。大きな変更はできませんが、サクッと住まいを決めてしまいたい人にはピッタリです。
 

<土地>

土地の広さなどをもとに、何階建てにするか、間取りはどうするかなどイチから決めていきます。自分好みの家を建てたい人にはオススメです。
 

6. 資産計画を立てる

物件購入のめどが立ったところで並行してやらなくてはいけないのが、お金について考えることです。物件購入に向けた頭金の用意、住宅ローンの金利・毎月の返済額・入居してからかかってくる諸経費の試算などをおこなっておきましょう。
 

7. 購入申し込みをする

売り主である不動産会社に購入申し込みをおこないます。その際、数万円~10万円程度を申込証拠金として一時的に預けることがあります。申込証拠金はのちに返却され、手付金など購入代金の一部に充当されるケースがほとんど。万が一、契約にいたらなかった場合には返還されるのが一般的です。
 
 

【不動産購入の流れをおさらい ~仲介~】

 
仲介物件の場合は、いかに自分に合った不動産会社を見つけられるかが決め手となります。仲介をしている不動産会社を探し、そこで希望条件を伝える。不動産会社が物件をいくつか紹介してくれ、そのなかから気に入った物件を見に行くのが一般的な流れとなっています。
 

1. 希望条件をまとめる

いつまでに引越したいか、どの地域に住みたいか、どんな間取りがいいか、駅からのアクセスなど、希望条件を整理しておきます。
 

2. おおよその予算を確定する

家庭の預貯金額や住宅ローンの試算結果、希望するエリア・住宅サイズの相場などを加味し、おおよその予算だてをしましょう。
 

3. 不動産会社を探す

住まい探しのパートナーとなる、信頼できる不動産会社と出会うことが、仲介物件購入の成功につながります。地域密着・ワンストップなど各不動産会社の特徴を調べ、自分に合った不動産会社を見つけましょう。
 

4. 住まいを選ぶ

不動産会社に間取り・予算・住みたい地域などを伝え、希望に合う物件を紹介してもらいます。自らインターネットなどで検索して「こういった物件が良いんですが」と希望を提示することもできます。
 

5. 現地見学に行く

紹介された物件を実際に見に行き、物件の間取り・設備・購入条件や周辺環境をチェックしていきます。
 

6. 正式に仲介を依頼する

住みたい物件が決まったら、売買仲介を依頼するために不動産会社と媒介契約を結びます。この契約には、仲介業務のサービス内容や不動産会社に支払う仲介手数料などが記載されます。
 
※媒介契約のタイミングは、購入申し込みまでの間に、仲介を依頼する不動産会社を決定した際となります。
 

7. 資産計画を立てる

物件購入のめどが立ったところで並行してやらなくてはいけないのが、お金について考えることです。物件購入に向けた頭金の用意、住宅ローンの金利・毎月の返済額・入居してからかかってくる諸経費の試算などをおこなっておきましょう。
 

8. 購入の申し込みを行う

いよいよ物件の購入へ。不動産会社を通して売り主へ購入申し込みをおこないます。書面での申し込みが一般的となっています。
 
 

【分譲・仲介どちらの場合も複数社比較することをオススメします】

 
分譲・仲介それぞれの違いや流れを紹介しましたが、どちらが優れているということはありません。新築であれば分譲物件、中古であれば仲介物件として販売されていることがほとんどです。そのため、自分が気に入った物件がどちらの方式で売られているかで決めるというスタンスで良いと思います。
 
ただ、注意したいのが、1物件のみを見て決めることです。不動産業界に精通している人であればまだしも、不動産の相場や、地域の情報などをまったく知らない状態で1ヶ所だけ見て判断するのはリスクを伴います。3ヶ所ほどは見てみて、住まいの希望(予算・間取り・周辺環境など)に合わせて比較してみると良いでしょう。
 
また、不動産会社に対しても同様です。複数社で説明を受けたり、対応を受けたりすることで、それぞれの会社の特徴や良さがわかるもの。取り扱っている物件で決める、印象で決めるなど、判断基準は人それぞれですが、住まいのパートナーとなる会社を見つけるには、いくつか見てまわることも必要となってきます。
 

 
不動産購入は、おそらく人生のなかで一番大きな買い物となるでしょう。希望の物件に出会うためには、自分で見つける方法や信頼できる不動産会社から紹介してもらう方法があります。気になる物件が出てきたときには、該当する販売形態の購入までの流れをしっかりチェックしておきましょう。分譲物件・仲介物件にこだわる人もそうでない人も、購入までの流れを知っておけば、夢のマイホーム購入までの道のりがスムーズになりますよ。


【不動産購入についてのご相談はマイタウン西武へ】

 
新座市、西東京市、東久留米市を中心に地元密着型の不動産会社、マイタウン西武は親身にご相談にのっております。購入相談のご相談は下記ページで受け付けております。無料ですのでまずはお気軽にご相談ください。

購入相談はこちら
ご相談は株式会社マイタウン西武へ

購入・売却でお困りの方はマイタウン西武の無料相談をご利用ください!

株式会社マイタウン西武は自社施工の売主物件(メモリエシリーズ)をはじめ、新座市・西東京市・東久留米市の新築・中古一戸建て、中古マンション、土地の新着物件やオープンハウス情報が盛りだくさんです。不動産売却は直接買取も可能なので早く現金化できる点が強みです。注文住宅やリフォーム工事も行っています。土地・一戸建ての売却もお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 問い合わせをする 問い合わせをする