プロが教えるマイホーム購入&売却のためのノウハウまとめ【土地・不動産編】 > 失敗したくない!不動産購入のための賢い予算のたて方

失敗したくない!不動産購入のための賢い予算のたて方

失敗したくない!不動産購入のための賢い予算のたて方
マイホームやそれにともなう土地購入の際に、一番頭を悩ませる大きな問題。それが「予算」ですよね。予算のたて方を失敗すると、バラ色のマイホーム購入から一転!住宅ローンに追われて節約生活、家庭環境の悪化、さらにはせっかく手にいれたマイホームを手放すことにもなりかねません。「なんて大げさな話だ」と思われた方もいるかもしれません。しかし、実は予算のたて方に失敗している人は、意外と多いものなのです。
 
 

【なぜ、多くの人が不動産購入時の予算のたて方に失敗するのか】

 
マイホームや土地などの不動産は、一生を左右するような大きい買い物です。だからこそ、購入するときは、どんな人でも長い時間をかけて考え、予算をたてます。では、そこまでしっかり考えたにもかかわらず、なぜ、予算のたて方で失敗する人が多いのでしょうか。
 

1. 予算オーバーで失敗するケース

●諸経費を計算にいれてなかった場合

不動産購入にあたって予算をたてるとき、多くの人は単純に土地や建物そのものの金額のことだけを考えてしまいます。しかし、不動産購入には、他にもさまざまな費用がかかります。実際、「多めの頭金を用意していたのに、手続き料や保険料などの諸経費によってほとんど消えてしまった」というケースがよくあります。
また、引っ越し代金や新しくそろえる家具類などのお金も必要です。しかし、これらの費用は見落としがちです。引っ越し代金はシーズンや距離によって大きく異なりますし、今まで使っていた家具が新居の広さに合わない可能性もあります。このように、見落としがちなこれらの諸経費は、意外と大きな金額になってくるのです。
 

●優先順位がはっきりしていなかった場合

特にこだわりを持たずにマイホームを購入しようとすると、必ずと言っていいほど予算オーバーになります。なぜなら、こだわりを持ってないからこそ、ハウスメーカーが提案する魅力的なオプションメニューなどの提案に、つい乗ってしまうからです。「自分にはこだわりがないから大丈夫」と思っていても、良いものを見せられると、つい欲しくなってしまうのが人間です。その点、これだけは譲れないポイントがあると、取捨選択がしやすくなります。
 

2. 予算を少なく見積もりすぎて失敗するケース

予算が少ないからといって、単純に「少ない予算に見合う不動産を購入すれば良い」というものでもありません。「いま払っている家賃の範囲内で」「○万円以上は無理」と決めつけすぎて、逆に失敗するケースもあります。購入金額には満足できたとしても、いざ住んでみると、「立地条件が悪い」「収納が少ない」「使いにくい間取りで、生活しづらい」などの理由で、不満をかかえたまま住み続けることに…。これでは、マイホーム購入が成功したとはけっして言えないでしょう。この場合、予算を少し増やす方法を考えたほうが、より満足度の高いマイホームを購入できたかもしれません。このように、後で後悔することにならないよう、何のためのマイホーム購入なのかを最初にじっくり考えて、予算をたてることをおすすめします。
 
 

【気になる「土地つき一戸建て」「土地なし一戸建て」「マンション」の予算や頭金の相場!意外と気にしなくてもいい!?】

 
マイホームを購入しようとしたときにまず考えることは、「一戸建てとマンションどちらにしようかな」「やっぱ土地つきがいいな、でも高いかな」「相場を見てから決めようかな」などどいったことが多いのではないかと思います。
 
昔から「家賃は収入の3割」という言葉があります。それを反映してか、土地つき一戸建て・土地なし一戸建て・マンションの相場は、地域や年収によって見事にバラバラだと言われています。特に、土地つき一戸建ては地域によって相場の差が顕著にあらわれます。一方、頭金に関しては、「頭金は購入金額の1割」という説があります。また、一般的には、「200~500万を用意する人が多い」とされています。しかし、こちらも購入金額のほとんどの額を頭金で支払う人もいれば、頭金ゼロの人もいます。
 
以上のことから、どの物件を買うにしても、「それぞれのご家庭に合わせて予算や頭金を考えるのがベストである」と言えます。そのためにも、マイホーム購入時には、自分たちの家庭環境に合ったマイホーム購入はどんな形なのか、家族でじっくり考えることが大切です。そうすることで、たとえば地域的に土地代が高い場合、それでもその土地の環境を優先するのか、あるいは家の広さなどにこだわるのかを選びやすくなります。
 
 

【不動産購入のための賢い予算のたて方】

 
では、自分たちの家庭に合った不動産購入をするためには、どんな方法で予算をたてればよいのでしょうか。以下に3つのポイントをあげましたので、ぜひ実践してみてください。
 
 

1. キャッシュフロー表を作る

不動産購入の予算をたてるときに、ぜひ作っていただきたいのが、ご自分の家庭の「キャシュフロー表」です。むこう10年、20年先、できればローン返済までの世帯全体の収入予測や、生活費、教育費にかかるお金、ローン返済額、予想貯金総額などを表にしてみるのです。少し時間がかかる作業にはなりますので、めんどくさいと感じられる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、キャッシュフロー表を作るメリットはたくさんあるので、ぜひ作っていただきたいと思います。
 
キャッシュフロー表を作ってみると、「どこにお金がかかっているか」、または「これからどこにお金が必要なのか」、はっきりとした収支の額や動きを知ることができます。さらに、「どこだったら削ることができるのか」などの解決策も見えてきます。このように、今まではなんとなくでしか分からなかった「リアルな我が家の財政状況」を確認することで、将来の見通しがたちやすくなります。
 
 

2. ムダなものをやめて、予算を増やす

キャッシュフロー表でご家庭のこれからの財政状況を確認したら、実際にマイホーム購入にかけることができる予算を割り出していきましょう。その際に気をつけることは、「単純に今の生活状況を続けた場合の予算を考えるのではない」ということです。今の状況のなかで、どこか見直しできるところはないかを考えたうえで、予算をたてましょう。
 
ムダに払い過ぎているものはないでしょうか。いっそのこと、やめてしまったほうがいいものもあるかもしれません。保険料や光熱費、通信費など、当たり前のように支払っている固定費を見直すことで、毎月の出費が大幅に減ることも十分考えられます。
 
 

3. 優先順位を決める

一戸建てであってもマンションであっても、上を見ればキリがありません。一方、下を見過ぎて、家族の希望が反映されていない物件を購入したとしても、のちのちの不満や後悔につながります。「これだけは譲れない」という条件を家族で話し合い、何のためのマイホームなのか、みんなの意見を一致させておくとよいでしょう。
 
頭金の割合やローンの返済期間なども、キャッシュフロー表を見つつ、家族の優先順位をはっきりさせて考えると、スムーズに決定できることがあります。もちろん、専門家の意見やお得な情報を取りいれるのも賢い選択です。しかし、おさえるべきところはおさえて、流され過ぎないように気をつけましょう。
 

 
一戸建てやマンション、土地などの不動産購入は「予算のたて方で、その後の家族の人生が決まる」と言ってもいいでしょう。これを機に、ご家族の今後についてじっくり考えてみて、すてきなマイホーム計画をたててくださいね。


【不動産購入についてのご相談はマイタウン西武へ】

 
新座市、西東京市、東久留米市を中心に地元密着型の不動産会社、マイタウン西武は親身にご相談にのっております。購入相談のご相談は下記ページで受け付けております。無料ですのでまずはお気軽にご相談ください。

購入相談はこちら
ご相談は株式会社マイタウン西武へ

購入・売却でお困りの方はマイタウン西武の無料相談をご利用ください!

株式会社マイタウン西武は自社施工の売主物件(メモリエシリーズ)をはじめ、新座市・西東京市・東久留米市の新築・中古一戸建て、中古マンション、土地の新着物件やオープンハウス情報が盛りだくさんです。不動産売却は直接買取も可能なので早く現金化できる点が強みです。注文住宅やリフォーム工事も行っています。土地・一戸建ての売却もお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 問い合わせをする 問い合わせをする