プロが教えるマイホーム購入&売却のためのノウハウまとめ【土地・不動産編】 > 不動産物件なら土地から購入も検討に!メリット・デメリット大公開

不動産物件なら土地から購入も検討に!メリット・デメリット大公開

不動産物件なら土地から購入も検討に!メリット・デメリット大公開
結婚したから、子どもができたから、自分の持ち家がほしくなったから……など、人生の転機に住宅購入を考える人が多いのでは? その際に悩むのは、一戸建てにするかマンションにするかということ。今回は夢のマイホームに向けて不動産購入を検討している人のために、土地から購入する注文住宅、土地付き一戸建ての建売住宅、マンション、それぞれのメリット・デメリットをまとめてみました。これからの不動産購入に向けての参考になればと思います。
 
 

【土地から購入(注文住宅)のメリット・デメリットとは】

 
自分の家を持ちたいと思う人は多いと思います。そのなかでも、自分でイチからつくりあげる土地から購入する注文住宅にあこがれをいだく人は多いのではないでしょうか。部屋数や間取り、外観、内装など、家族で一緒に考え、自分たち好みに仕上げることができるのは、やはり注文住宅の醍醐味だといえます。では、土地購入のメリット・デメリットとはどんなものがあるのでしょうか。
 
 

<土地から購入(注文住宅)の主なメリット>

 

●自由な間取りができる

おそらく、土地から購入する最大のメリットでしょう。土地の形状にもよりますが、全室南向きの部屋を作ったり、各部屋を大きくしたり、自分だけの書斎を作ったりと、自分好みの家を作ることができます。
 

●庭・駐車場がつくれる

家の庭でバーベキューをしたい、屋根付き駐車場をつくりたい。こういった願望も注文住宅なら叶います。広めの土地を見つけられれば、外構も自分の好きなようにカスタマイズすることができます。
 

●増築・建て替えが自由にできる

子どもが増えたから子ども部屋をつくりたい、親の介護のために二世帯にしたい。そんな願望が出てきたときにすぐに実行できるのも自分の土地を購入した後のいいところです。
 
 

<土地から購入(注文住宅)の主なメリット・デメリット>

 

●トータルでの購入費が高くなる

地域や広さにもよりますが、同じ条件で比べたときに建売住宅、マンションよりも高くなりがち。土地代+建設代がかかり、こだわればこだわる分だけ費用がかかるのが土地購入のデメリットになります。
 

●税金が高くなる

一番大きなポイントは不動産取得税です。控除はあるものの約80坪以上の土地は対象外になり、土地が大きければ大きいほど高くなるので、購入費以外に維持費も高くなってしまいます。
 

●外構費用がかかる

メリットに書いた「庭・駐車場がつくれる」は言いかえると外構費用がかかることに。土地を購入する際は、外構費を予算のなかに組み込んでおかないと、後から思わぬ出費となってしまいます。
 
 

【あわせて知っておきたい!土地付き一戸建て(建売住宅)のメリット・デメリット】

 
一戸建てを検討する際は、建売住宅(土地付きの一戸建て)のメリット・デメリットについても知っておいて損はありません。なぜなら、あなたの希望する地域に新築分譲として建売住宅が販売されることも大いにありうるからです。一戸建ての購入を希望する方はぜひチェックしておいてください。
 
※土地購入・建売住宅に共通するメリット・デメリットはのちに記載します。
 
 

<土地付き一戸建て(建売住宅)の主なメリット>

 

●立地の良い物件が見つかりやすい

 
建売住宅は不動産会社が「ここなら売れる」という土地を独自のネットワークで探し、仕入れた土地に建てられています。そのため、比較的アクセスの良い場所に建っていることが多いというわけです。
 

●見たままの家に住める

 
良くも悪くも、建売住宅はすでに家が完成しているため、現地を実際に見学してから買う・買わないを決定することができます。注文住宅や新築マンションと違い、間取り図で見ていた、想像していた雰囲気と違ったという相違は少ないでしょう。
 
 

<土地付き一戸建て(建売住宅)の主なデメリット>

 

●大衆受けするつくりになっている

 
最近の建売住宅は、間取りや設備などが多くの人に好まれるつくりになっていることが多い傾向に。内装にこだわりたい、設備にこだわりたいという人には少し物足りないつくりかもしれません。
 

●工事段階を見ることができない

 
建売住宅の場合、完成していることが多く、建築過程を見ることができません。住宅に使われている材料や工事方法などをチェックすることは難しいでしょう。
 
 

【一戸建てとマンションを比べたときのメリット・デメリット】

 
最後に、一戸建て(注文住宅・建売住宅どちらも含む)とマンション、それぞれどんなメリット・デメリットがあるかみていきましょう。一戸建てかマンションで悩んでいる人はぜひ見比べてみてください。
 

<一戸建ての主なメリット>

 

●管理費や修繕積立金、駐車場代など、毎月の諸費が必要ない
●管理組合などへの参加義務がない
●隣家と離れていればいるほど、一戸の家としての独立性が高いので、騒音なども気にならずプライバシーも守られる

 

<一戸建ての主なデメリット>

 

●将来の修繕費(外壁・水回りなど)を自分で貯める必要がある
●空き巣などの防犯対策としてセキュリティ面を意識する必要がある
●庭や駐車場などの掃除を自分でおこなう必要がある

 

<マンションの主なメリット>

 

●修繕計画などが比較的しっかりしている
●オートロック、管理人駐在などセキュリティ面がしっかりしている
●駐車場・ポーチなど共益部分は管理人・管理会社が清掃を行ってくれる

 

<マンションの主なデメリット>

 

●管理費や修繕積立金、駐車場代など、毎月の諸費負担が必要になる
●騒音など他の部屋への気遣いが必要になる
●マンションの管理組合などへの参加義務がある

 
金銭面で比べると、一番のポイントは管理費などの諸費の有無です。毎月で考えれば3~6万円程度の負担ですが、30年経つと1,000万円~3,000万円ほどの負担に。こう聞くと一戸建てのほうが良いかと思われがちですが、一戸建ての場合は、将来の修繕費用を自分で貯めなければいけません。自分で計画的に貯蓄できる方には一戸建てが向いているかもしれません。
 
また、防犯面ではマンションのほうにメリットがあります。オートロックや管理人の常駐、セキュリティ会社との提携など、始めから備わっていることが多い傾向に。自分ですべてそろえようとするとかなりの費用負担になるため、一戸建てを希望する人は防犯面の費用も予算に組み込んでおいても良いでしょう。
 
生活面では新しい土地に住むという点ではあまり相違がありません。ただ、マンションは同じ物件に住んでいる人同士でのコミュニティ、大規模分譲地での一戸建ての場合は同じ区画内でのコミュニティなどコミュニティを築きやすい環境もあります。積極的に外に出ることが苦手でない人であれば、新しい土地でも徐々に慣れていけるでしょう。
 

 
ここでご紹介したメリット・デメリットは一般的にあげられる主なものばかり。立地条件や物件の規模によってはさらなるメリット・デメリットが出てくる場合もあります。
 
これから住宅購入をしようと考えている人は、まずは土地購入・建売住宅・マンションいずれかに限定せず、多くの不動産物件を見学してみてください。住宅購入の際に大切なのは、いろいろな角度から物件を見て「自分や家族に合った住まい」を探すことだと思います。「こんな家にしたい」という願望や希望を持ちつつ、実際の物件を見ながら、自分と家族が妥協できるポイント、これだけはゆずれないポイントを見つけていってください。そして、自分と家族が納得する物件を選べば、きっと後悔のないマイホーム生活を送ることができるでしょう。


【不動産購入についてのご相談はマイタウン西武へ】

 
新座市、西東京市、東久留米市を中心に地元密着型の不動産会社、マイタウン西武は親身にご相談にのっております。購入相談のご相談は下記ページで受け付けております。無料ですのでまずはお気軽にご相談ください。

購入相談はこちら
ご相談は株式会社マイタウン西武へ

購入・売却でお困りの方はマイタウン西武の無料相談をご利用ください!

株式会社マイタウン西武は自社施工の売主物件をはじめ、新座市・西東京市・東久留米市の新築・中古一戸建て、中古マンション、土地の新着物件やオープンハウス情報を日々更新しています。不動産売却は直接買取も可能なので早く現金化できる点が強みです。土地などの売却もお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 問い合わせをする 問い合わせをする