プロが教えるマイホーム購入&売却のためのノウハウまとめ【土地・不動産編】 > 不動産購入で起こりうる「詐欺」の手口とその注意点

不動産購入で起こりうる「詐欺」の手口とその注意点

不動産購入で起こりうる「詐欺」の手口とその注意点
建物や土地などの不動産を購入する際は、不動産会社に仲介してもらって探す人が多いと思います。ほとんどの不動産会社があなたの要望を聞き、それに合った物件を探すべく頑張ってくれるでしょう。しかし、なかには不動産取引を利用した詐欺行為をおこなう会社も存在します。「おかしい」と感じたらそのままにせず、別の不動産会社に相談するなど、悪徳業者に騙されることのないように気をつけましょう。
 
 

【不動産購入における詐欺の手口とは】

 
不動産購入に関する代表的な詐欺の手口には、以下のようなものがあります。
 

●家を建ててはいけない土地を売りつけるケース

 
土地を持っていれば、誰でも好きなように家を建ててもよいというわけではありません。法律によって、土地には建築についての制限があります。なかには、市街化調整区域や農地など、「家を建ててはいけない土地」というものも存在します。
 
本来、そのような制限があった場合、不動産会社は契約前に買い主に説明をする義務があります。しかし、不動産詐欺をおこなっている会社は、売買をおこなうときに、家を建てることができない旨を十分に説明することなく販売することがあります。
 
こうなった場合、せっかく買った土地に家を建てることはできないばかりか、契約は完了しているため、仲介手数料も戻ってきません。そんなことにならないように、契約が完了する前までに、「購入しようとしている土地に、条件や制限がかかっていないか」を確認しておきましょう。
 
 

●手付金を持ち逃げするケース(手付金詐欺)

 
売買契約を結び、手付金を支払った後、物件の引き渡しをおこなうまでの間に不動産会社と連絡が取れなくなるケースです。気づいたときには、「まったく関係ない第三者に登記が売却されている」ということもあります。その時点で、契約を結んだ会社とは連絡が取れなくなっているので、もちろん、支払った手付金も物件も戻りません。
 
このような詐欺をくりかえす人を「地面師」といいます。彼らは、「格安物件や架空の物件を契約させ、手付金を持ち逃げする」ということを、同時に複数件おこなっています。あまりにも好条件の話をしてきたり、契約をあせらせたりする会社には注意が必要です。
 
 

●ウソの誘い文句で、相場より高い値段で売りつけるケース(原野商法)

 
「将来的に高くなる!」「いま買っておくと得する!」などといったウソの誘い文句で、実際の値段よりも高い価格で土地を買わせるやりかたです。値上がりする理由として多いのは、「リゾート開発がおこなわれる」「高速道路が建設される」「太陽光発電に使われる」「再開発が計画されている」などで、時代に合わせて、値上がりする理由も巧妙に変えてきているようです。また、信ぴょう性を得るために、開発予想図の描かれたパンフレットを見せたり、「芸能人も購入している」などのうたい文句をいったりする手口も使われています。
 
こういった詐欺に引っかからないためには、言われたことを鵜呑みにせず、本当のところはどうなのかを一度疑ってみることが求められます。
 
 

●おとり広告でお客をひきよせるケース

 
相場に比べて極端に安くて条件のよい「ウソの広告(=おとり広告)」を出し、いざお客さんから問い合わせがあると、「この物件はもう申し込みが入ってしまった、代わりに良い物件がある」と言い、希望のものと違う物件をすすめるやり方です。もともとの広告に出ていた物件は最初から売る気はないものだったり、すでに買い主が決まっているものだったりします。
 
ちなみに、おとり広告を出すことは法律によって禁止されています。もし希望のものと違う他の物件をすすめられた場合、「あれはおとり広告だったのかも」と疑いの目を向け、その会社にまかせてもよいのかを冷静に判断しましょう。
 
 

●申込金を返却しないケース

 
買いたい物件がみつかったら、買い主は物件の仮押さえをするために「申込金」を支払います。本来、売買契約が結ばれなかった場合は、申込金は全額返還されます。しかし、なかには申込金の返却を渋る会社も存在します。買い主本人が申込金が返却されることを知っておき、もしそのような事態が起こった場合は、不動産会社にしっかりと返却を求める態度をみせましょう。
 
 

【不動産詐欺にあわないために注意すること】

 
このような詐欺にあわないように、不動産会社を選ぶときにはよく吟味して、納得できる会社を選ぶようにすることが大事です。また、よくわからないからといって不動産会社にまかせっきりにするのではなく、手続きの流れや注意点を自分でも理解するように心がけましょう。
 

●信頼できる不動産会社を選ぶ

 
当たり前のことですが、あやしげな不動産会社を選ばないことが大切です。今はインターネットなどの情報収集手段が発達しているので、調べようと思ったらある程度の情報は自分で調べることができます。以下のチェック項目も参考にしながら、複数の不動産会社のなかから比較検討して選ぶようにしましょう。
 
・古くから地域に根ざして営業をしているか
・悪い評判がたっていないか
・実店舗があるか
・宅建業者の登録がされているか
・契約をせかされていないか
・説明にあいまいな点がないか
・疑問や質問にわかりやすく答えてくれるか
・建物の内部を見せてくれるか
・物件の登記が短期間で何度も移転されていないか など
 
また、説明や手続きをおこなっているなかで、強引すぎる手口だったり、しつこい勧誘を受けたりしたときにも注意が必要です。
 
 

●不動産業者にまかせきりにしない

 
不動産売買の取引は専門用語も多く、複雑で分かりにくいところもあるかもしれません。だからといって、すべてを不動産会社まかせにしていると、詐欺にあうことにもなりかねません。取引の流れや内容を理解し、登記書類などの内容を自分でもチェックするようにしましょう。高額の買い物だからこそ、他人にまかせきりにせず、責任をもって慎重に進める姿勢が大切です。
 
 

●詐欺の手口について知っておく

 
詐欺にあいたくないからこそ、詐欺の手口について、ある程度のことは知っておきましょう。敵に勝つには敵を知ることです。条件が良すぎる話には疑いの目を持ち、「これはあやしい」と気づけるようになっておくことです。そうすれば、詐欺の疑いのある相手に対していろいろな質問をおこない、相手の反応や対応を見てみるということもできます。また、具体的な質問をすればするほど、詐欺をおこなっている相手の言うことに矛盾点やボロが出てくることも分かるようになります。
 
 

●「自分は大丈夫」と他人事にしない

 
不動産詐欺は実に巧妙におこなわれます。また、「私は大丈夫」と思っている人ほど隙が出やすく、騙されやすかったりします。他人事だと思わず、「もしかしたら自分も詐欺にあうかもしれない」とある程度疑いを持つ姿勢でのぞみましょう。先に述べたように、自分で情報収集をおこない、詐欺に対して気づくことができる目をもつことが大事です。
 

 
高額なもうけ話をつきつけられると、人は冷静な判断ができなくなるものです。このことは、実際に詐欺にあった人の多くが、「まさか自分が騙されるとは思っていなかった」と言っていることからもわかります。
 
誰だって詐欺にあいたくてあっているわけではありません。しかし、詐欺をおこなう側は詐欺だと気づかれないように巧妙に近づいてくる、いわば「詐欺のプロ」です。気づかないうちに詐欺にあってしまい手遅れとならないように、十分気をつけて不動産購入をおこないましょう。また、「おかしい」と思ったときにはいったん立ち止まってみて、その都度、確認をするようにしましょう。


【不動産購入・売却についてのご相談はマイタウン西武へ】

 
新座市、西東京市、東久留米市を中心に地元密着型の不動産会社、マイタウン西武は親身にご相談にのっております。購入相談・売却は下記ページで受け付けております。無料相談もおこなっておりますので、まずはお気軽にご相談ください。

購入相談はこちら

売却相談はこちら
ご相談は株式会社マイタウン西武へ

購入・売却でお困りの方はマイタウン西武の無料相談をご利用ください!

株式会社マイタウン西武は自社施工の売主物件(メモリエシリーズ)をはじめ、新座市・西東京市・東久留米市の新築・中古一戸建て、中古マンション、土地の新着物件やオープンハウス情報が盛りだくさんです。不動産売却は直接買取も可能なので早く現金化できる点が強みです。注文住宅やリフォーム工事も行っています。土地・一戸建ての売却もお気軽にご相談ください。

フリーダイヤル 問い合わせをする 問い合わせをする